仮縫いオーダースーツのやり方は?合わせ方は難しいの?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 仮縫いオーダースーツのやり方は?合わせ方は難しいの?

仮縫いオーダースーツのやり方は?合わせ方は難しいの?

オーダースーツを作る方法は様々です。仮縫い付きオーダーと呼ばれる方法は、中でも特に手間がかけられる方式で、生地を選び、体に合わせて形を合わせていきます。その際のやり方、体への合わせ方について紹介していきます。

普段の姿勢で作ってもらう

オーダースーツを作る時、生地を選んで体のサイズに合わせて仮縫いを行っていきます。完成品とは違い、縫い目の目立つ糸だらけのスーツで合わせていきますが、注意点として、鏡の前では姿勢を良くしすぎない事が正しい合わせ方のコツです。普段しないような姿勢で型取ってもらうと、完成品が手元に届いた時、着心地の悪いスーツになってしまう可能性があります。

かといって極端に猫背にしたり、悪い姿勢になったりして仮縫いをしてもらうという事ではありません。あくまで自然体でリラックスをして注文する事が大切です。

スーツをオーダーする利点

仮縫いでオーダースーツを作る利点はいくつかありますが、最大のメリットとも言えるのは体の補正でしょう。人の体はまさに十人十色で、体のそり方や肩の形、骨格といった部分は人それぞれです。そのような人によって異なる体格の特徴に対して既製品を合わせる事はできません。合わせられても袖や裾の長さを微調整する程度で、細かく補正が出来ないというのが既製品の難点です。しかし仮縫いでオーダースーツを作る場合、猫背やなで肩など、その人の体の特徴に合わせたスーツを作れるというのが大きな強みです。

サイズはもちろん、細かい体の特徴を補正しつつ作れるのが、オーダースーツを作るメリットです。寸法を測り、形にしていく事で完成品をとてもイメージしやすくなります。これからまだ体が成長していく10代の方ですとサイズが変わってしまうかもしれませんが、もう成長による体格の大きな変化がない方であれば、オーダースーツは理想的なスーツを手に入れられるため、とてもおすすめです。

余裕を持ってオーダーするのがおすすめ

オーダースーツを仮縫いで作るのは、自身の体にぴったり合うスーツを作れる魅力があります。やり方は専門の方に任せるのみなため、難しい事はありません。ネクタイやシューズなど他のアイテムとの合わせ方もその場で教えてもらう事ができるでしょう。
ただ、このオーダースーツを作る際に注意するべきなのは製作期間です。既製品などとは違い、出来ているものを調整して購入するのではなく、一から作るというのがオーダースーツです。細かいデザインを話し合いで決めていくだけでなく、仮縫いをするとなると、長くて2ヶ月程度の時間を必要とする場合があります。

そのため、例えば入社時期に合わせたかったり、就活時期に着たかったりする場合には、それよりも前に余裕を持って注文しなければなりません。それらのように何らかの時期に合わせたいという場合には、2ヶ月程度の余裕を持ちつつ作られる事をおすすめします。

まとめ

オーダースーツを仮縫いで作る時は、普段通りのナチュラルな姿勢で採寸してもらう事が大切です。そうしてもらう事で、体の特徴を掴み、補正を加えたスーツを作れます。しかし、細かい採寸を行うといったところも含め、かなり時間のかかるオーダーになり、その期間は1ヶ月から2ヶ月という長さです。つまり、早めにスーツが必要だからといってすぐに受け取れるものではありません。立派なスーツを着たい目的がある場合には、2ヶ月程度の余裕を持って注文しましょう。