ネクタイのシワは家でも取れる?生地を傷めないアイロンがけ方法

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ネクタイのシワは家でも取れる?生地を傷めないアイロンがけ方法

ネクタイのシワは家でも取れる?生地を傷めないアイロンがけのポイント

綺麗にスーツを着こなすためには、ネクタイのシワをしっかり伸ばしておくことが大切です。 身だしなみは社会人にとって重要な要素であるため、身なりを整えることがビジネス成功の源になります。 今回は自宅でネクタイのシワを解消する方法を紹介していきましょう。

結びジワが最大の敵

ネクタイでシワが発生するのは、一日中締めることで引き起こされる「結びジワ」です。クセになってしまうと、シワを解消することが難しく、アイロンがけをしたとしても修正することは大変になります。

結びジワが発生しないようにするためには、ネクタイを外した時に、すぐにシワを伸ばす工夫を施すことが重要です。その日のうちに伸ばすことで、頑固なシワになることを防止することができます。

頑固なシワにはスチームアイロンで解消

自分でほぐしても、ネクタイのシワが解消されない場合には、スチームアイロンで伸ばす方法が有効です。
生地に蒸気を当てることで、シワが伸びやすくなるので、何度もアイロンを当てて、シワの解消に努めていきましょう。

シワの伸ばし方としては、ネクタイに当て布をして、少し離した状態でアイロンのスチームを当てます。生地を傷めないコツとしては、生地に直接当てないことが重要です。

ネクタイの表と裏にアイロンをかけて、シワを解消するように当てていきます。
頑固なシワは一度のアイロンがけで解消することは難しいので、数回繰り返して綺麗なネクタイに戻していきましょう。

生地を傷めないためにアイロンがけで注意すること

頑固なシワには、アイロンがけで解消させることが重要ですが、やり方を誤ると生地を傷めてしまう可能性があります。
どのようなことに気を付けないといけないのでしょうか。

まず大切なのは、アイロンを上から押し付けないことです。
立体的に仕上げるためにも、浮かせてアイロンを使用することで、仕上がりもよく生地が傷むことを防いでくれます。

アイロンの温度にも注意しましょう。
ネクタイはシルク素材で出来ていることが多く、160℃以上になるとシルクが傷んでしまう可能性があります。ネクタイをアイロンがけする時は、温度に注意しながらシワ伸ばしを行っていきましょう。

ネクタイにシワが出ないための保管方法

ネクタイは使用することで、シワが発生しやすくなりますが、他にも保管方法が悪いことでもシワが発生することがあります。そのため、保管方法には十分注意して管理することが重要です。

主にネクタイの保管方法は、「吊るす」・「丸める」・「平置き」があります。
ネクタイを吊るす場合は、ハンガーなどにかけることで見やすく取り出しやすいのが特徴です。ただ生地の重さでネクタイが伸びてしまい、全体的なバランスが悪くなる可能性があります。

丸める保管方法は、コンパクトで場所を取らない代わりに、シワが伸びにくく、綺麗な形を維持するのが難しくなるのが特徴です。

一番いい保管方法なのは、平置きになります。
シワの発生を抑制し、生地が傷むことがほとんどありません。しかし、場所を取ってしまうことがあるので、収納場所には注意が必要です。

まとめ

ネクタイのシワは、使うほど発生しやすく、解消するのが難しいのが特徴です。
出来るだけシワの発生を抑制し、手間をかけないことが重要になります。

それでもシワが発生した場合には、アイロンがけを行い、シワを伸ばしていくことが重要です。ただ生地を傷めないために、少し浮かせてかけたりすることを意識していきましょう。

保管方法にも注意することが重要で、自分が管理しやすい保管方法を実践して、シワにならないように管理してみてください。

ビジネスマンにとって、ネクタイはステータスになるので、シワで印象が悪くならないように注意していきましょう。