シワをつけずにコンパクトできれいに仕上がるブラウスのたたみ方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > シワをつけずにコンパクトできれいに仕上がるブラウスのたたみ方

シワをつけずにコンパクトできれいに仕上がるブラウスのたたみ方

ブラウスのたたみ方を熟知している人にとってはきれいに仕上がるのは当たり前であるものの、たたみ方を知らない人にとってはなんで上手くたためないのかと思うでしょう。
シワをつけず、コンパクトできれいに仕上がるたたみ方にはコツがあります。
それぞれの種類によって異なる対応も必要です。今日から場所を取らずに上手にたためるようにしていきましょう。

種類別ブラウスのたたみ方について

一口にブラウスといってもさまざまな種類があります。それぞれの種類によってコンパクトできれいに仕上がるたたみ方は異なるのが注意点です。
襟付きの場合は無理に丸めるとシワになってしまうのが大きな問題です。
ボタンをすべて留めてから背中側を上にし、根元の縫い目に沿って袖を折り曲げていきましょう。
そして長方形になることを意識し、大きさを調整していきましょう。

とろみ素材の場合はすべてのボタンを留めて、背中側を上に広げるようにしましょう。
また、袖がある場合はまず袖を折り曲げておきましょう。
フリル付きの場合はフリルがついている場所を確認し、長方形に整えることを意識しましょう。
最後に収納スペースを考慮して三つ折りにすれば完了です。綿素材の場合は正面のボタンを留めた状態にし、背中側を上にして脇の縫い目を揃えましょう。
そして身丈の中心部から半分にし、裾が襟元に重なるようにしましょう。

シワと型崩れを軽減するためのポイント

種類ごとにコンパクトできれいに仕上がるブラウスのたたみ方を覚えるとともに、シワと型崩れを軽減するポイントも覚えておきましょう。
ハンガーで保管する際に幅のあるハンガーを選ぶのが肝心です。
横幅と袖の付け根が同じものを選ぶことでシワと型崩れを軽減できます。横の縫い目を合わせるためにはボタンをすべて留めることが重要となります。
シワになりやすい種類の場合は特に丁寧に手アイロンをきちんとかけるようにしましょう。

タンスに保管する場合、同じサイズでたたんで上に重ねるのが大切です。
違うサイズで重ねてしまうと余計にシワがついてしまいます。
通気性がよい状態を保つためには横に詰め過ぎないことも意識しましょう。
また、収納する際には立てることでよりきれいな状態を保つことができます。
乾燥剤を入れたり定期的にタンスを開けたり生地が傷むリスクを軽減することも意識した方がよいでしょう。

ちょっとした工夫で誰でもできるブラウスのたたみ方

ブラウスのたたみ方に頭を悩ませる人は、まずそれぞれの種類に適したたたみ方を実践してみましょう。なぜ今まで上手にたためなかったかを理解することが大切です。
学ぶよりも慣れることを強く意識することで、当たり前のようにできていくでしょう。
ちょっとした工夫で誰でもできるからこそ、今日からでも実践してみてはいかがでしょうか。

ビジネスシーンでブラウスを着用する場合はコンパクトできれいに仕上がるたたみ方を実践すべきです。
せっかく女性っぽさを演出できるアイテムでも、シワや型崩れによって台無しとなってしまうこともあります。見られていないようで、実はビジネスシーンではちょっとしたしわや型崩れを、見られていること意識しておきましょう。

まとめ

シワをつけずにコンパクトできれいに仕上がるブラウスをたたむのは難しいと思う人は少なくないでしょう。
しかし、正しいたたみ方を一度覚えてしまえば、次からは簡単にできるようになるのも事実です。
今までなぜコンパクトできれいに仕上がらなかったのかを知るためにも、まずは実践してみましょう。ちょっとした工夫で誰でもできることが分かるはずです。
ビジネスシーンで着用する場合は特にシワや型崩れに注意しないといけません。日々の生活で当たり前に適したたたみ方をできるようにしましょう。