フルオーダースーツのメリットとデメリットの見極めが必要です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > フルオーダースーツのメリットとデメリットの見極めが必要

フルオーダースーツのメリットとデメリットとを考えてみましょう

フルオーダースーツを作ることは、既製品にない体型に合ったフィット感というメリットがあります。
一方、お客さまの体型に合わせるための型起こしから採寸、仕立てといった手間のかかる作業が多数あることから時間とコストがかかるといったデメリットもあります。

フルオーダースーツのメリットとデメリットを見極める方法は?

フルオーダースーツを作るメリットとデメリットについて

スーツを手に入れる方法としては、既製服を購入する、オーダースーツを作ってもらう、という選択肢がありますが、それぞれについてメリットとデメリットがあります。

メリットについて

既製服は、値段が表示されていますので、ご自分の体型に合ったものが見つかれば、スラックスの裾直しなどの若干の手直しができますが、ほぼ値段通りにすぐに手に入るメリットがあります。
一方、フルオーダースーツは、体型に合わせて採寸をして、スーツの完成までに仮縫いによる試着の段階を経て出来上がりますので、お客さまの要望を最大限取り入れることができるというメリットがあります。

デメリットについて

既製服は、あらかじめ準備された形(細身サイズ、普通サイズ、太めサイズ)の中から体型に近いものを選ぶのですが、すべてに満足できるサイズというのは期待できず、ある程度の妥協を求められるというのがデメリットとなります。
フルオーダースーツは、採寸、生地選び、アクセサリー選び、仮縫いでの試着、といった段階を経て仕上がりますので、時間とコストがかかりデメリットとなります。

メリットとデメリットの見極めについて

体型が既製服に合ったものであればそれでいいのですが、既製服では体型がどうしても会わないところがある、体型にぴったり合わせたい、好きな生地を選びたい、自分仕様のスーツを作りたい、などといった要望があれば、フルオーダースーツを作ることがメリットとして考えることができるので、お客さまの要望に合わせた見極めが必要です。

フルオーダースーツのメリットとデメリットをまとめてみると

既製服とフルオーダースーツのメリットとデメリットを見てきましたが、既製服で満足が得られればそれでもいいのですが、フルオーダースーツは体型に合わせた自分仕様のスーツを作ることが来ますので、お客さまの要望を基にメリットとデメリットを見極めることが必要です。