ビジネスマン要注目!季節感のあるスーツ選びはなぜ大切?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビジネスマン要注目!季節感のあるスーツ選びはなぜ大切?

ビジネスマン要注目!季節感のあるスーツ選びはなぜ大切?

スーツを着るにあたっては季節に合わせたものを身に付けるのが基本です。オールシーズンで着られるスーツもあるものの、ビジネスマンの場合は特に季節感のあるスーツ選びを大切にした方がよいのは間違いありません。なぜ季節感のあるスーツ選びが大切であるのか、そして季節感のスーツ選びのポイントについて解説していきます。

季節感のあるスーツで相手に与える印象が変わる

オールシーズンのスーツを着る場合の問題点は、それぞれの季節のピーク時に対応しにくいことです。気温の幅には対応できるものの、盛夏期に暑く盛冬期に寒く感じます。ビジネスマンの場合は出先に出向くこともあれば、外回りで歩き回ることもあります。気温差が生じた場合に適切な対応をするためには、季節感のあるスーツを着るのが大切です。

また、相手に与える印象が変わるのも季節感のあるスーツの特徴です。見ただけで夏ものか冬ものかが判別できるため、スーツに気を遣っているかの判断基準となります。ビジネスマンにとってスーツを着ることは戦闘服を着ることと同じです。見た目で印象が決まるビジネスマンであるからこそ、スーツ選びに気を配ることは大切であるのはいうまでもありません。

季節ごとのスーツ選びのポイントとは

季節ごとのスーツ選びをするにあたってはそれぞれの季節のイメージを大切にするのが基本となります。春は淡くソフトな色をイメージしましょう。夏は涼しげに見えることを意識し、青系のスーツで爽やかに着こなすのがよいでしょう。秋は落ち着きのあるブラウン系のスーツを選択するのが基本です。季節感に富んだ秋の色を意識してのコーディネートも心がけるべきです。冬は重厚で品格のある色合いを意識し、ミッドナイトブルー系やチャコールグレー系などを選択するのがよいでしょう。

1シーズン毎に使うスーツを変える場合、6着程度は必要となります。材質や柄など、季節に合わせてさまざまなタイプのスーツ選びをしていくことで、相手に与える印象もよくなっていきます。既製品でピッタリのものが見つからない場合はオーダーメイドも視野に入れるのがよいでしょう。季節外れのコーディネートになってしまうと格好悪く、相手に気を遣わせてしまう理由にもなりかねません。

秋冬スーツの方が選択の幅が広い

春夏スーツの場合、背抜き仕様で薄くて軽い生地が採用されています。秋冬スーツの場合は総裏使用で厚くて重い生地が採用されています。生地や織り方、素材や使用などにこだわりやすいのは秋冬スーツです。ビジネスシーンでの定番の生地はフランネルです。ざらざらとした肌触りと暖かさと柔らかさがあるのが特徴となります。ギャバジンはつるつるとした肌触りに加え、光沢感や撥水性や耐久性の高さも兼ね備えています。サキソニーは柔らかい生地感と高級感が特徴でビジネスシーンに相応しい生地です。

スーツ自体の柄は無地やチェック、ストライプやヘリンボーンなどを選択しましょう。季節感のあるスーツ選びは何も難しくはありません。基本に忠実に、相手にどういった印象を与えるかを考えての選択をしましょう。奇抜なスーツを選択しなくても周囲との差を付けるスーツを選択できます。

まとめ

季節感のあるスーツを着ることで気温差が生じても問題なく対応ができます。また、オシャレに気を遣っていると相手に印象付けることもできます。ビジネスマンのスーツスタイルは見られていないようで見られているものです。秋冬スーツの場合は特に選択の幅が広いです。相手に与えたい印象を大切にしながら、自分の好みも反映していきましょう。既製品でピッタリのものが見つからない場合はオーダースーツも視野に入れるのがよいでしょう。