ヨーロピアン・スタイルのスーツとは何かご紹介致します

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ヨーロピアン・スタイルのスーツとは何かご紹介致します

ヨーロピアン・スタイルとは

近年では、ヨーロピアン・スタイルのスーツが人気となっています。 ヨーロピアン・スタイルとは、日本のスーツとはどのような違いがあるのでしょうか。今回はヨーロピアン・スタイルのスーツとは、どのようなものなのか、詳しい内容を紹介していきます。

ヨーロピアン・スタイルのスーツは何が違う?

スーツの発祥はイギリスで、肩幅や胸元の厚みを強調するスタイルが基本となっています。ボタン位置が高く、男性の風格が演出されているのが特徴です。

日本のスーツは、黒やグレーを基調としたデザインが多いのですが、ヨーロピアン・スタイルのスーツは、カラーや柄を取り入れて、遊び心が追及されているといった違いもあります。

また生地も厚めで、しっかりした印象のあるスーツというのも特徴の一つです。シックで落ち着いた雰囲気もあり、重厚感を演出することができるスーツになります。

ヨーロピアン・スタイルは、仕事着もおしゃれでいたい、イギリス人の遊び心を投影しているようなデザインが魅力です。

ヨーロピアン・スタイルの特徴

スーツをおしゃれに着こなすことを目的として設計される、ヨーロピアン・スタイルのスーツは、具体的にどのような特徴のあるスーツなのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.ジャケットの裏地にもこだわり

ヨーロピアン・スタイルのスーツは、種類にもよりますが、裏地も射し色になっているなど、スーツを脱いだ後もおしゃれを感じる仕様になっているのが特徴です。

着心地も裏地に美しい生地が使用されていることから、気持ちがいいのも魅力になります。ヨーロピアン・スタイルのスーツを着ていれば、飲み会でスーツを脱いだ時にも、周囲におしゃれを見せつけることが可能です。

2.ストライプの線は左から右に上がっていく

ヨーロピアン・スタイルは、ストライプの線が日本製は異なる特徴を持っています。
ヨーロピアン・スタイルの場合は、線が左から右に上がっていくストライプが基本です。おしゃれな雰囲気を演出したいのであれば、ネクタイにヨーロピアン・スタイルのストライプをアクセントにコーディネートしてみるといいでしょう。

3.ボタンやポケットが個性的

ヨーロピアン・スタイルのスーツは、袖のボタンが鳥足掛けになっていたり、胸ポケットの形が個性的なデザインになっていることがあります。
どこかに遊び心を追加しているデザイン性が多いので、スーツにおしゃれ要素を加えたい場合は、取り入れてみるといいでしょう。

4.ドレープやシワが綺麗に見える

ヨーロピアン・スタイルのスーツは、比較的生地が柔らかく、軽いのが特徴です。
そのため、動く度にドレープやシワが綺麗に見えます。

通常は、シワなどが発生すると、ヨレて格好悪く映ってしまうことがほとんどです。
しかし、ヨーロピアン・スタイルは崩れていても、スタイリッシュに演出してくれるため、営業の方など、普段からスーツを着て動くことが多い方に、おすすめになります。

5.ウエストラインは絞り気味で丈が長い

日本製のスーツとヨーロピアン・スタイルのスーツの違いとして、ウエストラインが高めに絞られているということと、丈が少し長めに調整されているという点です。

男性らしい風格を演出するために、足が長く見えるようにウエストラインを高めに取り、窮屈な印象を与えないように、丈が長くなっているのが特徴になります。

おしゃれに着こなすことができれば、女性受けが高いのも一つのポイントです。

まとめ

おしゃれな演出が所々で垣間見えるヨーロピアン・スタイルのスーツ。
日本製のスーツが堅く見える分、軽い印象に見えてしまうこともありますが、カラーのコーディネートを押さえておけば、仕事に支障が出ることはありません。

ジャケットの裏地やボタンにも、おしゃれ要素が加えられているので、気持ちを軽やかにするためにも、一度ヨーロピアン・スタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか。