オーダースーツを着る芸能人は視線を顔に向ける工夫を実践しています。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツを着る芸能人は視線を顔に向ける工夫を実践

オーダースーツを着た芸能人について

芸能人とはどのような職業の人を指すのでしょうか。タレントと呼ばれている人、俳優、ミュージシャン、漫才師、落語家、アイドル、ファッションモデル、フリーのアナウンサー、司会者などが芸能人と呼ばれているようです。芸能人の方は、着物やドレスが仕事着として着ている場合もありますが、人前に出る場合には印象を大切にするためにオーダースーツ姿の場合も多くあります。

格好良く着こなす芸能人のオーダースーツのポイント

オーダースーツを格好良く着こなすポイント

オーダースーツを格好良く着こなす芸能人は、相手の視線を顔に持ってきてもらうように意識しています。というのは、足元に視線を落とすと、足の短さや、胴の長さなどの日本人が劣等感を持つ場所を向かせることになりますので、上へ上へと視線をあげさせるようにします。

靴はベーシックにする

ブランド物の格好の良い靴を履くと、靴に視線がいってしまいますので、黒や茶色のシンプルな形の靴を選びます。

スーツの柄はストライプ

オーダースーツの柄は、無地の場合には視線が行きやすいので、ストライプ柄を選びます。ストライプ柄はシルエット全体が縦に長く見えスタイルが良く見えます。

ゴージラインは高めに

ゴージラインを高めにすると視線が自然と上がってきます。

スーツのシルエットはゆったり気味に

現在のトレンドはきっちりとしたものが流行りですが、背の小さい芸能人の方は小ささが目立ってしまうので、少しゆっとりとしたシルエットになるようにオーダーします。

スラックスの丈はやや短めに

スラックスを長めにすると、足元が重く感じるので、オーダースーツのスラックス丈は、ワンクッションまたはハーフクッションがおすすめです。

ウェストラインのシェイプ位置は高め

ウェストラインは、絞り気味にして絞り位置が高いとシルエットが細長くなり、足長効果が出てきます。

芸能人が着るオーダースーツについて

芸能人が着るオーダースーツは、背の低い人でも格好良く着こなすポイントとして、視線を上に上げる工夫をしています。そのために、靴はベーシックタイプ、スラックス丈をやや短め、ジャケットは、ストライプ柄でウェストラインを高めにし、視線を顔の方に行くように誘導した着こなしをしています。