見た目重視の英国調?着心地重視でイタリアン?デザインの考え方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 見た目重視の英国調?着心地重視でイタリアン?デザインの考え方

見た目重視の英国調?着心地重視でイタリアン?デザインの考え方

オーダースーツを作る時、見た目重視で英国調にするべきか、着心地を求めてイタリアンにするかなど、予め方針を決めておくと良いです。また、スーツの使い道を考慮した上で、どのような形にしていくのか考えていきましょう。

ビジネスマン向けの英国調スーツ

ビジネスマンなど、多くの人と直接顔を合わせる機会がある方は、見た目にこだわりのあるスーツが望ましいでしょう。そうしますと、英国調のような知的さの雰囲気漂うデザインがおすすめといえます。英国調のスーツは、肩パットがしっかりと入っているのに加え、固めの生地で仕立てられています。全体的に重厚感があり、誠実な雰囲気さえ漂います。

英国調スーツの特徴として、サイドベンドがあげられます。ジャケットの背中側で、切れ目が側面よりについているものです。一般的ですとセンターベンドといい、中央に切れ目が入っているものがあります。サイドベンドは見た目としてはややクラシックですが、動きやすかったり、小尻効果があったりと、見た目をよくするのにおすすめです。チェンジポケットなど、さりげないデザインもまた、英国のスーツ独特の特徴ではないでしょうか。

良い着心地を特徴とするイタリアンのスーツ

イタリアンのスーツは着心地が良いと有名です。イタリアでも着たと南でやや特徴が異なり、ミラノがある北では、スタンダードなデザインのイタリアンスーツが主流となっています。対して南側では、職人同士で技術力を競っているためか、個性の強いイタリアンスーツが多いです。いずれにしましてもイタリアンのスーツの特徴として、生地がしなやかである事、そしてやわらかい芯地を使っているため、着心地が軽くて良いです。

素材の他にも、バルカポケットと言われる船のようにカーブを描いたポケットが特徴です。また、本切羽といって、ジャケットの袖口にあるボタンが外れるように仕立てられています。このボタンを外す機会はほとんどないでしょうが、イタリアンスーツの特徴の一つです。そしてアンコン仕立てであるのも特徴です。パッとや芯地などを使わずジャケットが仕立てられています。見た目はもちろん、着心地が考えられいるスーツが多いです。

用途に合わせてオーダーを

スーツをオーダーで作るのは、既製品よりも体にフィットし、完璧な着心地を実現するため、出来栄えは最高ですがそれなりの料金がかかります。そこで、英国調で作るのか、イタリアでお願いするかは、スーツをどのような目的で着る事が多いのか、そのシチュエーションに合わせるべきでしょう。

例えばお仕事がお客様と打合せや商談をする事が多いビジネスマンである場合、英国調のように紳士的な印象を強く与えられるデザインが良いといえます。イタリアのスーツもビジネスシーンに活用できますが、どちらかといえば着心地がよく、動きやすい特徴があります。そのため、きっちりしすぎず、オシャレかつ動きやすいスーツが欲しい場合には、イタリアのデザインでお願いしてみると良いでしょう。

まとめ

英国調とイタリアンなデザイン、どちらもスーツとしては魅力的で、見た目も着心地も良いものです。
オーダースーツをお願いする時は、この違いで悩んでしまいそうですが、やはりその先どのように着て行きたいのか、どういったシチュエーションが多いのかという事を考え、作られるのが一番です。オーダースーツを作られる際には、後悔しないようじっくり検討しましょう。