オーダーシャツのカラー選びは相手に与えたい印象で決める

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダーシャツのカラー選びは相手に与えたい印象で決める

オーダーシャツのカラー選びは相手に与えたい印象で決める

スーツに合わせるシャツを選択するときに自分のサイズに合わない、あるいはオシャレなデザインのシャツにしたいといった悩みを抱く方も少なくないはずです。これらの悩みを解決できるオーダーシャツのセールスポイントとなります。しかし、どの色のスーツに合わせるのか、どんな場所に着ていくかを加味してカラーを選択しないといけません。

相手に与える印象が変わる

オーダーシャツを選択するにあたって注目すべき要素のひとつであるのがカラーです。どういった選択するかによって与える印象は大きく異なります。白系は清潔感や誠実な印象を与え、スーツの種類や着るシーンを選ばない万能さがあります。ブール系も爽やかで若々しい印象を与えるのが特徴です。黒系はシックな雰囲気となるものの、つやのある素材を選択すればパーティーにも映えるものです。

黄色やオレンジ系はビジネスにも取り入れやすく、元気なイメージをもたれます。赤やピンク系は活動的で若々しい印象を与え、能動的に行動したいときに身につけるのが望ましいです。社会的信用を得るためのビジネスマナーのひとつであるのが清潔感です。清潔を保つためには1週間分のオーダーシャツを用意しておきましょう。できるだけ日によってコーディネーターを変えていき、マンネリ化させないことも大切です。

ビジネスシーンの定番は白と青の2種類

スーツに合わせるオーダーシャツのカラーを好みに合わせて選択したいと思っても、ビジネスシーンであるのが理由で制限されることも少なくありません。悪印象を与える可能性まで考えないといけないカラーこそ、困ったときはビジネスシーンでは白と青を選択するのが無難です。特に白はスーツと合わせたときにコントラストがはっきりし、清潔感や誠実さが際立つというセールスポイントがあります。ネイビー系やグレー系のスーツとの相性もよく、ネクタイを選ぶことがなくオシャレである印象を与えられます。青は知的や誠実さを表す色であり、季節や年齢を問わず着られるのも便利です。

ネクタイの色と上手に組み合わせる

オーダーシャツのカラーを選択するときにはスーツはもちろん、ネクタイの色も考えるべきです。白の場合はネイビーのネクタイが定番であり、誠実さや真面目さといった印象を相手に与えます。青の場合はネイビーのネクタイを選択すれば相性がよく、誠実さを表現できます。ピンクは同系色を合わせるときれいに見えて、深い色合いのネクタイを選択するのもポイントとなります。

グレーやブラックの場合はブラックやチャコールグレーのネクタイを選択すれば相性がよいです。締まった印象を与えたいときに選択する価値が高いです。チェックシャツはネクタイ選びの難易度が高く、中途半端な配色による失敗の可能性も高いのが注意点となります。シャツと補色関係の色を選ぶとともに、太めのストライプにするのがひとつの方法です。

ドットシャツに関してもネクタイを合わせるのが難しく、同系色の無地と合わせるのが無難な選択となります。クールビズでも問題ないビジネスシーンもあれば、ネクタイの着用が絶対である場合も少なくありません。スーツだけではなく、ネクタイとの相性も考えてオーダーシャツを選択するのが大切です。もちろん、カラーを選択するにあたってもネクタイとの相性も最初カラー加味しておくのがよいでしょう。

まとめ

オーダーシャツのカラーは基本的に自由に選択しても問題ないものの、ビジネスシーンであればどういった印象を与えるかについて加味しておかないといけません。ビジネスシーンの定番は白と青の2種類であるのも頭に入れておいた方がよいでしょう。また、ネクタイの色の相性も考えないといけません。ネクタイの色の組み合わせによって、相手に与える印象は大きく異なるものです。さまざまな要素をかんがみての選択をすれば、失敗することは少なくなります。