メンズスーツカラーコーディネートは色の持つイメージがポイントです。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > メンズスーツカラーコーディネートは色の持つイメージがポイント

メンズスーツのカラーコーディネートの方法について

メンズスーツというとビジネスシーンでは、どうしても無難な色を選んでしまいますが、同じ色を着ているとどうしてもイメージが固定化してきて、マンネリになってくるデメリットもあります。
色はある種のパワーを持っており、その色を活用したカラーコーディネートを理解することで、なりたい自分を演出してみましょう。

メンズスーツのカラーコーディネートの基本について

色が持つイメージと相手に与える印象

色には、大きく分けて、暖色系、中間色系、寒色系があります。
暖色系には、白、ピンク、赤、などの純粋、清潔感、優しい、情熱的といった色の持つイメージがあり、爽やか、ロマンチスト、パワフルといった印象を相手に与える色です。
中間色系には、オレンジ、黄、ベージュ、茶、など親しみのある、快活、穏やか、温もりのあるといった色のイメージを持っており、明るい、元気な、上品な、堅実といった印象を相手に与えます。
寒色系には、緑、青、紫、グレー、黒、などの安定的、冷静、気品のある、シック、重厚といった色の持つイメージがあり、安心感、クール、高貴な、控えめな、品格のあるといった印象を相手に与える色です。

スーツのカラーコーディネートのポイント

暖色系、中間色系、寒色系の色のスーツとのコーディネートのポイントを見てみます。
暖色系の白色のシャツは、どのスーツの色にも合います。ピンクは、中間色から寒色系のスーツの色に合わせやすいです。赤色は、少しでも目立つので小物あるいは、ビジネスシーンで勝負するときのネクタイに使うこともありです。
中間色系のオレンジや黄色は、カジュアルな雰囲気に合い、ベージュや茶色は落ち着いた大人の雰囲気を出すときに合います。
寒色系の緑色は、ワンポイントとして小物に活用するのが良く、青色やグレーは、スーツの定番の色で合わせやすいです。紫色はエレガントなシーンに合い、黒色はフォーマルの定番になっています。

メンズスーツのカラーコーディネートを成功するには

メンズスーツのカラーコーディネートを成功させる方法としては、暖色系、中間色系、寒色系、それぞれの色の持つイメージと色が相手に与える印象を十分理解し、スーツ、シャツ、ネクタイ、アクセサリーをポイント良く使用することで、なりたい自分を演出することができます。