メンズのコートのサイズはどう選ぶ?ポイントをご紹介

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > メンズのコートのサイズはどう選ぶ?ポイントをご紹介

メンズのコートのサイズはどう選ぶ?ポイントをご紹介

秋冬の寒い時期には、ビジネススーツだけでは耐えることができません。そのため、コートを着る必要が出てくるのですが、メンズコートのサイズはどう選べばいいのでしょうか。今回は、メンズコートのサイズを選ぶ際のポイントについて解説していくので、参考にしてみてください。

メンズコートの選び方

ビジネスシーンで着るメンズコートは、デザイン性も大切ですが、サイズ選択も重要な要素になります。コートのサイズ展開は、基本的に他の衣類と一緒で、S・M・L・LL・3Lと表記されているため、大体のサイズ感は把握することが可能です。

ただコートの長さは、種類などによって大きく異なることから、注意が必要になります。コートの長さは人の好みによって微妙に違いますが、基本的にスーツよりも着丈が長くないと、格好悪い印象になってしまうので、気を付けましょう。

またスーツに合わせてコートをオシャレに着こなすためには、着丈の長さは重要な観点になります。コートの裾から中に着ている服が見えてしまうコートは短いので、気を付けることが大切ですが、長すぎるのもダボっとした印象になってしまうでしょう。

コートは見た目的に長い方が、フォーマルな印象を与えることができるため、格好いいと感じる方もいますが、出来るだけコートの着丈は膝辺りで留めておくことが大切です。

コートの種類によっても、おすすめの着丈が異なり、ステンカラーコートの場合は、ミドル丈にしておく方がシンプルなデザインで、シルエットが映えます。

チェスターコートの場合は、膝くらいの長さの方が多く、男性らしく紳士的な雰囲気を演出したい方におすすめです。

メンズコートのサイズを見極める際の注意点

メンズコートのサイズを見極める際に、いくつか注意しておかないといけない点があります。それは、メンズコートに表記されているサイズだけで判断してはいけないということです。

表記されているサイズが、自分が想定しているサイズとマッチしていても、本当に自分にとってジャストなサイズとは限りません。そのため、コート選びを行う際には、スーツの上から必ず試着して、サイズ感を確かめる必要があります。

スーツ用のコートは、当然スーツの上に着るため、実際にスーツを着ている状態からコートを着ないとサイズ感をイメージすることができません。

意外と肩幅や胸の幅が狭くなることが考えられるので、着ぶくれを想定して動き辛くないか動きもチェックしておきましょう。袖にも余裕を持たせることが大切ですが、ゆったりしすぎているのも考え物です。

サイズが大きすぎると、野暮ったい印象になってしまうこともあるので、適度なサイズ感のコートを選ぶことが大切になります。

メンズコートは長く着用することを想定する

冬のメンズコートは、コーディネートを左右する重要なアイテムであるため、サイズは慎重に選ぶことが大切です。また一度購入すると、簡単に買い替えるものではないことから、長く着用することを想定して、丁度いい大きさを選ぶ意識も重要になります。

自分のジャストサイズのメンズコートを何度も試着を繰り返すことで見つけることができるので、理想のメンズコートを見つけるまで、色々と着こなしてみましょう。

まとめ

メンズコートは、サイズ表記がしっかり行われているため、大体の大きさをイメージすることができます。ただサイズ表記を鵜呑みにして、そのまま購入してしまうと、着てからイメージと違うサイズ感になってしまうこともあるため、試着は必ず行ってから購入することが大切です。

また着丈もコートの種類によって微妙に異なるので、スーツに合わせてコーディネートを工夫していきましょう。

秋冬のオシャレを決めるコーディネートとして、メンズコートは重要なので、色々と検討してみてから購入するようにしてください。