コートをビジネスマンが上手く着こなす際に重要となるのは着丈と袖丈

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > コートを格好良く着こなすためビジネスマンが知っておくべき前提

ビジネスマンにとって大切なコートの着こなし

ビジネスマンが防寒対策を心掛ける際に欠かせないファッションアイテムと言えば、まずコートが挙げられます。
残念なことに、多くのビジネスマンは外套に対してスーツへ向けるほどの高い関心を持ってはいないのが現状です。
袖口からジャケットがはみ出している方もよく見掛けます。
外套を上手に着こなす術を覚えましょう。

ビジネスマンがコートを上手に着こなすには?

選ぶべきは「アウター」では無く「オーバー」

ビジネスコートには、「チェスター」「トレンチ」「ステンカラー」など様々な種類があります。
これらは、デザインを表現した名称です。
外套を選ぶ折にはデザインや素材に興味がいきがちですが、上手に着こなすためには役割への認識をキチンと持たなくてはなりません。
ビジネスマンがスーツに合わせるなら、ジャケットと外套の役目を同時に果たしている「アウター」では無く、ジャケットの上から羽織る「オーバー」の外套を選ぶようにしましょう。
「オーバー」は、ジャケットの袖が詰まらないことと、ジャケットが綺麗に外套に隠れるという条件をクリアしていなければなりません。

重要となる着丈と袖丈

ビジネスコートには、どのデザインを選んでもOKです。
但し、お洒落に着こなすにはシルエットが崩れないようにしなくてはなりません。
重要となるのは、着丈と袖丈です。
外套の着丈における起点は、膝です。
身長170㎝未満の方は、ロングの外套より、丈感が短いショートのほうが似合います。
一方、高身長の方にはロングがお勧めです。
また袖丈については、ジャケットが完全に袖に隠れている必要があります。
けれど、指の付け根部分まで外套の袖が伸びていると不格好に見えてしまいますので、場合によっては袖詰めをしましょう。

年齢に合ったコート

コートのデザインを選ぶ際には、ご自身の年齢を考慮するようにしましょう。
色や素材を年相応に合わせつつ着こなすのです。
若いうちにカジュアルなデザインを楽しんで、次第にフォーマルなタイプへ移行していく方法がお勧めです。
カジュアルとフォーマルのバランスに悩んだら、足もとのシューズや持ち歩くカバンとの組み合わせで調整します。
また外套は建物の入り口で脱ぐのが基本ですので、気を付けてください。