カフスボタンでお洒落したい方は装着できる袖口のシャツを選びましょう

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > カフスボタンを使用する場合の専用シャツの見分け方と選び方

袖口を個性的に見せるカフスボタン

「カフスボタン(カフリンクス)でカフス(袖口)をお洒落に演出したい」と考えておられるビジネスマンも多いでしょう。
デザインや素材の幅も広く、手頃な価格で入手できる品も少なくありません。
ビジネスマンが流行に左右されずセンスや個性を発揮するのに、極めて適したアイテムと言えます。
但しシャツの中にはカフリンクスが留められないタイプもありますので、袖口の選び方に注意しましょう。

シャツのカフス(袖口)の種類について

コンバーチブルタイプ

カフスボタンは、基本的に袖の両端に穴が開いていないと使用できません。
コンバーチブルタイプは、釦(ボタン)の穴が両方にあり、釦でもカフリンクスでも袖が留められます。
片方に釦が1個付いているパターンと、釦が2個付いているパターンがあります。

ダブル(フレンチ)タイプ

カフリンクス専用のシャツです。
釦は、付いていません。袖を折り返して2重にし、カフリンクスで袖口を留めます。

テニスタイプ

袖口がシングルで、両端に穴が開いています。釦は付いていません。
最も正式なカフリンクス専用のシャツとされていますが、近年ではあまり見掛けられなくなりました。
カフリンクスを使用する場合、シャツの袖口はコンバーチブル・ダブル・テニスの3タイプから選びましょう。

シングル(パレル)タイプ

釦専用のシャツです。袖の片端に付けられた釦を、もう片端に開けられている穴に通します。
釦が付いている側に、穴はありません。
世間で販売されているシャツの袖口の多くはシングルタイプなので、選び間違えないように気を付けてください。

ターンナップタイプ

釦専用のシャツです。カフリンクスは使用できません。ダブルタイプのように折り返しがあります。

カフスボタン使用上の注意点

カフスボタンを初めて使う方が犯しやすい間違いは、通常の釦留めのように袖口を上下に重ねてしまうことです。
カフリンクスの金具が手首に当たってしまいますし、袖口の見ばえも悪くなってしまいます。
またシャツ選びにおいては、袖口のサイズに注意してください。
サイズに余裕がありすぎると、袖のシルエットが崩れてしまいかねません。袖口は、ピッタリしたサイズがお勧めです。