青いスーツのシチュエーションやシーズンごとの着こなし方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 青いスーツのシチュエーションやシーズンごとの着こなし方

高い人気を誇る青スーツ

ビジネススーツのカラーでは、青系統が最も高い人気を誇っています。青には誠実・信頼・知的・開放といったイメージがあり、洗練された雰囲気を好む日本人向きの色だと言えます。青いスーツは藍色・空色・水色・群青色などカラーバリエーションも豊富なため、着こなし次第で充分に個性を発揮させることが可能です。

青いスーツの上手な着こなし

シーンに合ったブルーカラー

青いスーツには、様々な色合いがあります。同じ「青」でも、濃淡や光彩で印象はかなり変わります。自身の好みやシーンに合った「青」のスーツを着こなしましょう。個性的なお洒落を演出したい場合には「鮮やかな青」の、ビジネスシーンで落ち着いた印象を相手に与えたい場合には「グレーがかった青」の、カジュアルなシーンで軽やかにスーツを着こなしたい場合には「明るい青」のスーツがお勧めです。

青スーツの柄

青いスーツはそのカラーだけで存在感を発揮しますが、更に個性を付け加えたい方は、柄物を選択しても良いでしょう。控えめで上品な雰囲気を醸し出すシャドーストライプは、ビジネスシーンでも安心して着ることが出来ます。ストライプ柄には、シャドーストライプ以外にも様々なタイプが存在します。インパクト重視なら、線が太めのチョークストライプがお勧めです。チェック柄では、ウィンドウペンが青スーツに安定感を与えてくれます。

季節ごとの青スーツのタイプ

春や夏は、清涼感や爽快感がある「青」が良いです。鮮やかな空色や水色、強い青みを推奨します。秋や冬は、ネイビーやグレーネイビーのスーツを着てみてください。青と濃紺の中間色のスーツは、オールシーズン向きです。

青いスーツに合うシャツとネクタイのタイプ

青いスーツには、白いシャツが似合います。青スーツの初心者は、まずホワイトシャツとのコーディネイトから始めましょう。着こなしの自信が付いてきたら、ブルーシャツに挑戦してみてください。同系色を合わせると、メリハリがありつつも落ち着いた雰囲気になるためです。但しシャツの色合いは、淡いタイプにしないと調和が壊れる可能性があります。ネクタイは、ネイビーの無地か、くすみの強いボルドーカラーがお勧めです。