黒スーツに合わせるシャツを選ぶ際に注目すべきポイントとは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 黒スーツに合わせるシャツを選ぶ際に注目すべきポイントとは?

色々な場面で重宝な黒スーツ

黒スーツは礼服としてのイメージが強いですが、着こなし次第ではビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活用することが出来ます。便利なスーツなので1着は用意しておくべきでしょう。様々なカラーやデザインのシャツ(襯衣)を合わせることによって、ブラックスーツの用途の範囲は更に広がります。

黒スーツに合うシャツのタイプ

カラーはホワイトか淡いブルー

黒スーツは基本的にどんなカラーのシャツにも合いますが、ホワイトか淡いブルーとの調和が優れているため、どちらかのカラーを選択する方が多いです。但しブラックとホワイトの組み合わせは冠婚葬祭におけるフォーマル仕様ですので、それ以外の場面で着こなす際には注意が必要です。ネクタイで変化を付けるようにしてください。淡いブルーなら、ビジネスシーンでも問題ありません。清潔な雰囲気になるため、仕事相手に好感を持ってもらえます。濃いブルーは黒に合わせると重苦しい感じになるので、避けたほうが良いでしょう。襯衣をピンクやイエローにしてお洒落さを強調したり、グレーにしてシックな感じにすることも出来ます。ブラックスーツとブラックの襯衣とのコーディネイトはカジュアルシーンならOKですが、ビジネスシーンではNGです。

襟はレギュラーかワイド

黒スーツに合わせるシャツを選ぶ際、襟の種類はレギュラーカラーかワイドカラーがお勧めです。レギュラーは定番で使い勝手が良いですし、ワイドは首回りがすっきりして見えます。ノーネクタイのスタイルには、スポーティーな印象のボタンダウンカラーが良く合います。

ビジネスシーンにおける黒スーツ

ビジネスシーンで黒スーツを着用する際には、無地では無く、シャドーストライプのようなおとなしめの柄が入ったタイプか、黒に近いダークスーツを選ぶようにしてください。無地のブラックスーツは一般的にフォーマル専用と考えられているからです。合わせるシャツの柄に関しては、派手すぎると悪目立ちする可能性があるため、無地が無難ではあります。無地以外では、清潔感があるストライプが良いでしょう。