ブラックスーツは状況に合わせてビジネスコーディネイト

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ブラックスーツは状況に合わせてビジネスコーディネイト

ブラックスーツは状況に合わせてビジネスコーディネイト

ブラックスーツは今ではビジネスの場でも見かける機会が増えましたが、着る場合には礼服との区別を出す事が大切です。ビジネスコーディネイトを心がけ、場にそぐわない格好にならないよう気を付けましょう。

ビジネス用のスーツを用意しよう

ブラックスーツは素材感やデザインによって、ビジネス向けか礼服寄りのスーツなのかが分かれます。礼服向けのスーツは表面に光沢がなく、真っ黒な色合いが特徴です。体にフィットしているシルエットで、ややぴったり感が伺えます。対してビジネスシーンで着れるスーツの場合、表面に光沢があったり、やや薄めの黒のように、真っ黒という色合いではなかったりする特徴があります。また、折り方や丈の長さといった部分も、一般的なビジネススーツと同じ形状をしています。

つまり、見る人によっては、ビジネス用と礼服用で全くの別物として見えるという事です。一般的に、黒のスーツをビジネスで着ている場合、そのまま礼服として使用出来るとも言われますが、一方で葬儀ではそのように使いまわさない方が良いとも言われます。やはり、社会人の身だしなみとして、ビジネス向けのスーツと礼服は別々に用意しておいた方が良いでしょう。

ビジネスコーディネイトのポイント

ブラックスーツを上手にビジネスコーディネイトするポイントは、ワイシャツ、ネクタイ、シューズのデザインです。ビジネスシーンで着る場合には、ワイシャツはオーソドックスな白でも良いですが、薄めのブルーであったり、白でもうっすらストライプが入っていたりする方が、固めな印象がほぐれるので良いでしょう。

ネクタイは礼服感のあるデザインは避けるべきです。例えば白いワイシャツに対してブラックやシルバーのネクタイを選んでしまうと、礼服の印象が強くなります。できればワインカラーであったり、ストライプが入った柄物だったりと、ややカジュアルなデザインを選ばれる方がビジネスコーディネイトとしては良いでしょう。

シューズに関しては黒を選ぶのが無難なコーディネイトでしょう。ただ、ネクタイやワイシャツで重たい印象をぬぐえていない場合には、例えばブラウンのシューズにして、ややおしゃれな印象を強めるように意識されると良いでしょう。

シチュエーションに合わせた着こなしを

スーツは決して安くありませんので、何着も用意するのが大変と考える人もいるかと思います。その結果、ブラックスーツをビジネスと礼服に使い回してしまう場合があります。ビジネス用のスーツを礼服に使い回すのも、礼服をビジネススーツに使い回すのもよくありません。スーツに大切なのは、シチュエーションに合わせた着こなしをする事で、ビジネスシーンで着るスーツは、しっかりビジネスコーディネイトされる事が望ましいです。もちろん、礼服用で祝いの場である結婚式に出席するのはマナー違反です。

同じ黒でも、礼服はダブルもしくはシングルのジャケットだったり、裾を折り返さないパンツだったりと、特徴的なところがあります。若い年齢であればある程度許容される事はありますが、ある程度年齢を重ねるとそうもいかなくなります。ブラックスーツはただの黒いスーツではなく、シチュエーションによってデザインが異なる事を理解しておく事が大切です。

まとめ

ブラックスーツは全て一緒に見えるかもしれませんが、ビジネスや冠婚葬祭など、シチュエーションによって着るべきスーツは異なります。
身だしなみに厳しくない会社だから、親しい友人の結婚式だから使い回しても怒られない、といった事は関係ありません。身だしなみは大人のマナーです。ビジネスの場ではしっかりビジネスコーディネイトをし、相手に悪い印象を与えてしまわぬよう注意しましょう。