大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすポイント

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすポイント

大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすポイント

ビジネスにおけるスーツは、自分のサイズに合う物を選択することがスタイリッシュに着こなすポイントになります。しかし、大きいサイズのスーツである場合、どのような方法でスタイリッシュに着こなすことができるのでしょうか。今回は、大きいサイズのスーツで、スタイリッシュに着こなすポイントについて解説していくので、参考にしてみてください。

体型が大きい方のスーツを選ぶ上での注意点

体型が大きい方が、スーツを着用する上で注意しないといけない点が、「自分の体型に合う」スーツを選択するということです。

体型が大きいといっても、お腹周りが気になる方や下半身にボリュームがある方など、人によって体型に違いがあります。そのため、スーツをスタイリッシュに着こなすためには、ウエストを大きい物にするのか、ボトムスにゆとりを持たせるのか、体型をカバーするスーツを見つけることが重要です。

ただ多くの既製品スーツは、元々サイズが決められているため、自分の体型に合う、理想的なスーツを見つけることは難しいでしょう。

そんな方におすすめ出来るのが、「オーダーメイドスーツ」です。オーダーメイドスーツであれば、サイズを測定し、自分の体型に合ったスーツを製作してくれます。そのため、ウエストを大きくさせたり、ボトムスにゆとりを持たせるなど、工夫を施すことが可能です。

大きいサイズのスーツにおすすめの色は?

大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすためには、スーツの色選びも重要なポイントになります。特に「収縮色」や「後退色」と呼ばれるスーツを選ぶことが、大きいサイズのスーツ選びで大切です。収縮色や後退色とは、一般的に寒色系と呼ばれています。

反対に白やベージュといった淡い色については、膨張色と言われているので、大きいサイズのスーツに取り入れると、太って見えてしまうので注意しましょう。

寒色系のスーツとしては、ダークグレーやチャコールグレーがおすすめで、引き締まった印象を与えてくれます。

他にもネイビースーツは、スマートに見えるだけでなく、上品な印象を与えてくれるきっかけにもなるので、大きいサイズのスーツでもスタイリッシュに着こなすことが可能です。

柄でいえば、縦ラインのストライプ柄であれば、スマートな印象を強調させてくれるので、大きいサイズのスーツに取り入れてみると、スッキリした雰囲気にしてくれます。

大きいサイズのスーツを選ぶ時の着心地

スーツは一度着ると、家に帰るまで脱ぐことがないため、長時間着用することを想定する必要があります。そのため、着心地を意識してスーツを選ぶことは、過ごしやすい環境を作るために重要です。

特に着心地のポイントとしては、ウエストを意識することが大切で、着用中に窮屈感や圧迫感を覚えるようなサイズは選択しないことが大切になります。

着心地がいいスーツを選ぶために、ウエストの部分がゴムになっている物を選択するのも一つの手です。

また生地も重要な観点で、ストレッチが効いている生地は、シルエットが綺麗に見えるだけでなく、ストレスのない着心地が実現されます。

大きいサイズのスーツを選ぶポイントとして、着心地を意識して購入を検討してみてください。

まとめ

大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすために、自分の体型を意識して、無理のないサイズ感で選ぶことが大切です。窮屈で圧迫感のあるサイズを選ぶと、反対に格好悪い印象になるため、適度なサイズを選ぶ必要があります。

また大きいサイズのスーツをスタイリッシュに着こなすためには、スーツの色も重要です。寒色系を選択して、スマートな印象を演出していきましょう。

既製品でいいスーツがなければ、オーダーメイドスーツに切り替えることも大切なので、色々と検討してみてください。