ビスポークシューズとは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビスポークシューズとは

ビスポークシューズとは

ビジネスシーンでは、自分に会った革靴を履くことで、様々な状況でストレスなく歩き続けることができます。その中で注目されているのが、「ビスポークシューズ」です。今回は、ビジネスマンの強い味方になってくれるビスポークシューズについて、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

ビスポークシューズって何?

聞き慣れない方も多い「ビスポークシューズ」は、オーダーメイドの靴のことを指しています。既製品である「レディメイド」と反対の意味を持つ物で、自分の理想的な靴を製作することができるのがビスポークシューズの魅力です。

寸法など、足のサイズをしっかり測って製作してくれるので、ストレスのない感覚で歩くことができます。

特に外回りが多い、営業の方におすすめの靴の製作方法で、既製品にはないフィット感覚を楽しむことが可能です。

高級感が強いビスポークシューズですが、取り扱っているブランドが、有名ブランドが多いため、高価な扱いになっていますが、比較的安価な金額で製作してくれるブランドもあります。

ビスポークにしかない質感・フィット感・デザイン性を自分の意思で選択することができるので、既製品に理想的な革靴がないという方は、一度購入を検討してみてください。

ビスポークシューズ製作の流れ

オーダーメイドとして、自分の足のサイズに合った物が製作できるビスポークシューズですが、製作の流れはどのようになっているのでしょうか。完成するまでの流れについて紹介していくので、参考にしてみてください。

1.相談

ビスポークシューズを製作する上で、まずは相談することが大切です。ビスポークシューズ職人の方と、こだわりや自分の好みを伝えることで、理想的なデザイン性で履き心地のいいビスポークシューズを製作してもらうことができます。

2.採寸

ビスポークシューズを満足できる形で製作するためには、足のあらゆる部分を採寸していく必要があります。人それぞれ足の形は異なることから、細かい部分まで測る必要があり、自分の足に合った、理想的なビスポークシューズを製作することが可能です。

3.型を製作

採寸した後は、測定した部分を基に型を製作していきます。数ミリ単位といった、細かい部分まで採寸した数値を反映していく必要があるので、型を製作し、履いてもらうことで微調整を行っていくのが特徴です。

4.ビスポークシューズ製作

細かい寸法まで型に反映することができた後は、ビスポークシューズ本番の製作が始まります。アッパーの縫い付けや吊りこみ、すくい縫い、出し縫い、仕上げといった内容までを完了させ、顧客の理想的なビスポークシューズを造作り上げていくのが特徴です。

5.フィッティング・納品

出来上がった靴を履いてもらい、問題なければ納品となります。ビスポークシューズが完成するまでは、3ヶ月~1年程度かかることもあるので、長期的な内容で様子を見る必要があるので、注文する際には注意が必要です。

ビスポークシューズのメリット

オーダーメイドで、自分の足にフィットする靴を製作するビスポークシューズですが、メリットはどのような部分があるのでしょうか。

まず自分の足を採寸して、しっかり製作することから、他にはないフィット感を体験することができます。また作りが丁寧であることから、既製品より長持ちするのもビスポークシューズの特性といえるでしょう。

まとめ

自分の足を採寸し、自分だけのオリジナル靴を製作するビスポークシューズは、既製品にはないフィット感を堪能することができるため、ビジネスマンの間で人気になっています。

製作までは、最大で1年ほどかかるケースもあることから、完成までは長期的に様子を見ていく必要があるでしょう。早めに依頼をかけて、完成する日までじっくり待つことが大切です。