ビジネスとカジュアルの両方にピッタリのマル秘ベルトコーデ術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビジネスとカジュアルの両方にピッタリのマル秘ベルトコーデ術

ビジネスとカジュアルの両方にピッタリのマル秘ベルトコーデ術

ビジネスマンがベルトを選ぶ際にはビジネスとカジュアルの両方で使用できるものがおすすめです。シーン別にベルトを購入するのは間違いではないものの、コストパフォーマンスに優れた方法とは言い難いです。
ベルトコーデ術のポイントになるのは色、幅、素材をどう組み合わせるかです。
大人の身だしなみとしてまったく問題ないマル秘ベルトコーデ術を学んでいきましょう。

色、幅、素材を決めるためのポイントとは

ビジネスとカジュアルの両方に適しているベルトコーデ術のポイントになるのは色、幅、素材です。色は靴の色に合わせることを意識しましょう。
ビジネスとカジュアルの両方で履く靴の色を合わせることによって手間はなくなります。
幅は3cm~3.5cm以内にしましょう。ベルトの幅についてあまり意識していない人も少なくないものの、見られていることを忘れてはいけません。

素材はレザーを選択すればまず間違いありません。
スタックスやチノパンなどに幅広く活用できるのがセールスポイントとなります。
着け心地のよさも光り、アクティブな動く場合においても問題ありません。
カジュアル寄りにしたい場合は編み込みベルトを選択するのがよいでしょう。
レザーは落ち着きのある見た目とおしゃれな印象を演出してくれる素材です。
カラーバリュエーションが豊富であるのも服装に合わせておしゃれを楽しめる理由になるでしょう。

ビジネスのベルトとカジュアルのベルトの違いとは

ビジネスのベルトはまずTPOに合っているかを考えるのが基本です。
スーツやワイシャツが仕事の場として問題なくとも、派手な色のベルトでは違和感を覚えるものです。
靴の色に合わせて幅と素材を間違えないようにすれば、少なくとも失敗することはありません。
カジュアルのベルトも同様に靴の色に合わせ、与えたい印象を考えて幅を選択しましょう
太ければ男っぽさやいかつさが際立ち、細ければ上品さや華奢な印象を与えることができます。

ビジネスとカジュアルの両方で活用するためにはコーディネートの邪魔とならない黒や茶色といったベーシックな色を選択することが大切です。
明るすぎる目立つ色に関しては諸刃の剣です。
全体を見たときにアクセントとはなっても、周囲から浮いてしまう理由にもなります。

シンプルイズベストを念頭に置く

ベルトコーデ術のポイントは特別なことをせず、全体のバランスをいかに整えるかです。
大人の男性としての身だしなみを整えることは自分の価値を高める理由となります。
奇抜な服装で周囲との差別化を図ろうとするのは根本的に間違っています。
スーツやバックに合わせることも考えてベルトを選んでいくのが望ましいです。
シンプルイズベストを念頭に置く選択をすれば、ベルト選びで間違えることはありません。

仕事のときはスーツ姿が当たり前であるのなら、今一度ベルトコーデ術を参考にして見直してみてはいかがでしょうか。
何気なくつけているベルト選びを間違ってしまっている場合も少なくありません。
仕事のときのプライベートのときも合わせて選択できるベルトがあればコーディネートの重要なアクセントになります。

まとめ

ビジネスとカジュアルの両方にピッタリのマル秘ベルトコーデ術は何も難しいことが理解できるはずです。
基本に忠実に適した選択をすれば、少なくとも失敗することはありません。特に重要となるのは色、幅、素材です。
今まで何気なく選択していたベルトは実は基本から外れてしまっているかもしれません。今一度仕事のときにもプライベートのときにもコーディネートとして問題ないベルトかを確認してみてはいかがでしょうか。
コーディネートの際に縁の下の力持ちとなるベルト選びは油断しがちであり、ベルトコーデ術に沿うかを見直していきましょう。