スーツの後ろ姿を格好良く見せるための重要ポイントとは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツの後ろ姿を格好良く見せるための重要ポイントとは?

重要なスーツの後ろ姿

ビジネスシーンでは、スーツ姿の決まり具合が重要です。初対面におけるその人の印象を大きく左右するからです。背広を今まで以上にお洒落に着こなしたい方は、後ろ姿にも配慮してください。前姿は、鏡で気軽にチェックできます。けれど、背面は見えにくいため、結果的に身だしなみが背中側から崩れている方は少なくありません。

スーツの後ろ姿の決め手

ベントとは何か?

スーツの後ろ姿において、重要な役割を果たすのがベントです。ベントとは、ジャケットの背面や側面の裾部分に縦に入っている切り込みのことです。布の重なりがあるため、動いても、容易に内側が見えたりはしません。ベントには、2つの役目があります。1つは、動きやすさを確保することです。もう1つは、背広のシルエットを美しく見せることです。ベントの重要性を認識している方が選んだジャケットは、座っても、ツッパリやシワがあまり発生しません。逆にベントへの配慮を疎かにしているジャケットを着用していると、座った姿が見苦しくなってしまう可能性があります。

ベントの種類

ベントは、主に3種類あります。ジャケットの背面の中央部分に切り込みが入ったデザインを、センターベントと呼びます。標準的なスーツはセンターベントのデザインを取り入れており、動きやすさを保証しつつ、背後からの見た目の印象も良くしています。背広を購入する際は、自分の後ろ姿に似合っているセンターベントが付いているタイプを選ぶようにしましょう。ジャケットの裾の両側にベントが入っているタイプが、サイドベントです。足を長く見せてくれる効果があります。ベントが入っていないタイプが、ノーベントです。上品さを強調したデザインになります。

スーツの後ろ姿を格好良くする方法

スーツの後ろ姿では、着丈も重要なポイントです。安定感や信頼感を周囲に与えたい場合には長めの着丈に、カジュアルなムードを重視する場合は短めの着丈にします。長い着丈とは、お尻が完全に隠れる長さですが、ダボッとした印象を避けたい方は、ベントやジャケットの袖丈を工夫してみてください。背広の背面を格好良くしたいなら、ベントや着丈の他に、襟や裾にも注意を払いましょう。