オーダースーツをアスリート体型の人にフィットさせる作り方です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツをアスリート体型の人にフィットさせる作り方

アスリート体型とオーダースーツの関係について

一般の人の体型は、主にやせ型・肥満型・普通型などに分類されますが、アスリート体型とは、どのような体型を言うのでしょうか。携わってきたスポーツの種類によって、体型が大きく分かれますし、一流選手がゆえに他の人と比べて体型が大きく変わってしまったという場合もあります。そこで、アスリート体型の人がオーダースーツを作る際のポイントについて見ていきます。

アスリート体型のオーダースーツの作り方

一般の人と体型が異なる

アスリート体型の人は、既製服のスーツではとても対応できません。既製服の体型は、一般的な日本人の体型を基にしているもので、アスリート体型の人は、例えば、肩幅が非常に広い、胸回りが非常に大きい、左右の腕の長さが違う、といった場合があるためです。

競技の種類によって体型が異なる

アスリート体型は競技の種類によっても異なり、レスリングや柔道をしている人は首回りや肩幅が広い、サッカーや自転車競技などをしている人は、ももの周りが太い、というように競技の種類によって発達している箇所が大きく異なるために、オーダースーツを作る際には、その人に合ったオーダーメイドのスーツが必要になってきます。

オーダースーツを作る際には採寸やカウンセリングが重要

このように、アスリート体型とひとくくりに言っても、競技の種類によって体型が大きく異なりますので、オーダースーツを作る際には、採寸が非常に重要になってきます。アスリート体型の人は、左右対称でない場合がある、肩幅が左右で異なる、腕の長さや太さが左右で異なる、などアンバランスなケースも少なくないため、細かな採寸が必要となります。また、重要なのはカウンセリングです。アスリート体型の人は、自分の体のポイントを把握していて、どのようにすれば、格好良くなるかという点や希望する点など的確な指摘を求めることで、よりフィットしたオーダースーツを作ることができるので、カウンセリングでうまく聞き出すことが非常に重要となってきます。

オーダースーツとアスリート体型について

アスリート体型の人がオーダースーツを作る際には、携わってきた競技の種類により体型が異なるので、オーダースーツの作り手は、個々の人に合った丁寧な採寸を行うことと本人は自分の体のポイントを熟知しているので、十分なカウンセリングを行うことで、その人のアスリート体型に合ったオーダースーツを作ることができます。