オーダースーツのファッションセンスが息づくアフリカの国々です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツのファッションセンスが息づくアフリカの国々

オーダースーツとアフリカ人の服装

オーダースーツとアフリカ人の服装というと、地理的に遠い我々日本人にはなかなかわかりにくいのですが、アフリカ人の中には、植民地化される前から部族独自の服装による文化が根付いていて、植民地化した宗主国からの影響により服装の文化も変化していったようです。

オーダースーツによるおしゃれをアフリカ人に学ぶ

植民地化した宗主国による影響

過去、アフリカの多くの国々はヨーロッパの国により植民地化されており、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、スペイン、ポルトガルといった国が宗主国として分割して統治していた時代がありました。宗主国の文化がアフリカの国々に入ってくることによって、それまでの民族独自で育んだ文化に宗主国の文化が取り入れられることによって、独特の進化が遂げられるようになってきました。

アフリカ独特のサプールの出現

特筆すべきは、フランスが宗主国であったアフリカの中部に位置するコンゴ共和国です。コンゴ共和国は、世界でも最貧国といわれており、平均月収は日本円で25,000円程度です。そのような中で、サプールと呼ばれるおしゃれな服装をしている男たちの集団がいます。この男性たちは、高級ブランドのオーダースーツに身を包み、皆の憧れの存在です。コンゴ共和国は、カトリック教を信仰しており、植民地化された国に取り戻すべく独立運動の争いを経て国づくりをする際、フランスから帰国した社会活動家がパリで流行していたオーダースーツ姿であったことから、スーツ姿を平和主義の象徴として考え、平和への信仰を服装に結びつけることによってサプールが出現してきたようです。
特に、アフリカの西部の西アフリカは。多くはフランスの植民地であったため、宗主国のフランスのファッションに影響されて、町のテーラーが多くあり、オーダースーツが作られています。

オーダースーツとアフリカ人との関係

アフリカの国々は、一時、ヨーロッパの国々の植民地となっていたため、宗主国の文化の影響を少なからず受けていました。特に、西アフリカの国々は、フランスが植民地していた関係上、ファッションの感度が高い国として有名で、サプールという日々の生活を二の次にしてオーダースーツをきっちりと着込んでいる男性集団は、尊敬の的になっています。