季節に合わせてスーツも変えよう!オーダースーツで快適な一着を

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 季節に合わせてスーツも変えよう!オーダースーツで快適な一着を

季節に合わせてスーツも変えよう!オーダースーツで快適な一着を

四季のある日本では季節の変わり目に衣替えを行います。最近ではクールビズを推奨する企業も増えているため、真夏の暑い時期にはスーツやネクタイの着用をしないところもありますが、場合によってはきちっとした夏用スーツが必要になることもあります。暑い時期や寒い時期に適している生地やオーダースーツを作る際に季節によって注意しておきたいポイントについて紹介します。

季節感のあるスーツを選ぼう

現在ではオールシーズン着こなすことができるタイプのスーツも増えてきましたが、一見便利なオールシーズンタイプでも真夏の暑い日や真冬の寒い日など寒暖のピークに当たる時期に着用するには向いていません。

クールビズが進んで盛夏の季節にスーツを着ることも無くなったという方もいるかと思いますが、上着着用が必須の企業や上着を着なければならない状況に出会った時にサラリと羽織れる夏用のスーツがあると便利です。また、生地の見た目も夏用と冬用では大きく異なるので、パッと見ただけで季節と合わないスーツを着ていることがわかってしまいます。

営業先などで季節感の合わないスーツを着ているとそれだけで相手からの印象も外見に無頓着な人といった風に思われるかもしれません。スーツは普段着る服だからこそ着る人のセンスやこだわりが反映される部分でもあります。オールシーズンタイプも便利ではありますが、季節感を意識してスーツを選んでみてはいかがでしょうか。

季節に適した素材を選ぼう

スーツの見た目や着心地で最も重要になるのが生地です。特に季節に合わせた生地を選ぶことで真夏や真冬でも快適にスーツスタイルを楽しむことができるでしょう。夏場に着用する場合、生地には通気性・吸湿性の良いものを選ぶことがポイントです。素材としてはリネンやコットンなどが定番です。

現在では夏場の不快な汗や湿気を軽減してくれる通気性・吸湿性の高い化学繊維も出回っています。週5日仕事で毎日着るという人は丈夫さと快適さを兼ね備えた化学繊維との混紡生地を選ぶという方法もあります。一方、冬は夏物よりも厚く、防寒効果・保温性の高いものがおすすめです。

代表的な素材にはウールがあります。しかし、ウールは虫に食われやすく、水に濡れた状態だと摩擦に弱いという性質があるので着なくなった時の保管に注意が必要です。風通しの良い場所でハンガーにかけた状態で保管しましょう。夏物のスーツと冬物のスーツの生地は織り方にも違いが見られます。機能性の他にデザインなども注目しながらオーダースーツでお気に入りの一着を作ってみてはいかがでしょうか。

季節によってスーツって何着必要?

オールシーズン用のスーツは一着あると着回しが効いて便利ですが、気候が変動しても快適に過ごせるスーツを考えるとシーズンごとに一着ずつその季節に合ったものを持っていることが理想です。しかし、ちょっとそこまで用意するのは大変だという場合は春夏用と秋冬用として持っておくとよいでしょう。

スーツは素材や織り方によって印象が大きく変わってきます。オーダースーツなら自分の体形に合った物を好みの生地で仕立てることができるので、生地を選ぶ楽しみもできるでしょう。オーダースーツも昔は一着あしらえるのにそれなりの時間や料金がかかりましたが、現在ではもっと手軽に作れるお店も増えています。自分らしいお洒落を楽しみたい、スーツを快適に着こなしたいといった要望に応えてくれるのもオーダースーツの魅力です。

特に日本の湿度が高く不快な夏もそれに合わせた生地や織り方で作ったスーツであればより快適に過ごせるかもしれません。今まで既製品で我慢していたという方や、オーダースーツはちょっと敷居が高いと感じていた方もこの機会に一着、お気に入りのオーダースーツを作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

スーツに季節感がないと、せっかく立派なデザインであったとしてもオシャレに感じられない事もあります。日本では四季に合わせて衣替えをしますが、スーツにおいてはせめて夏と冬のふた通りで用意しておきたいところではあるでしょう。
オーダースーツを注文することで季節にあった形で仕立てられるだけでなく、より快適な着心地を実現できます。生地で通気性を良くし、デザインで涼しげに見せるなど、自分だけの一着を用意しておきたいものでしょう。