おすすめするスーツモデルは、スーツ選びの3要素が重要です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > おすすめするスーツモデルは、スーツ選びの3要素が重要

おすすめするスーツモデルのポイントとは

オーダースーツを作る際には、自分の要望を取り入れてできるだけ理想のスーツを作りたいと考える場合が多いと思いますが、店舗がおすすめするポイントは、トータルバランスです。
いくら要望通りでも、着た時にシルエットが崩れていれば台無しです。そこで、スーツモデルを基に作っていくのがポイントとなります。

おすすめするスーツモデルの3要素を押さえよう

モデルによるスタイルを決める

オーダースーツを作る際には、過去作られてきたオーダースーツのモデルを参考にして作ることで、体型に合ったシルエットを実現できることから、スーツを着用するシーンをイメージして、まずスタイルを決めます。
おすすめするスーツモデルには、正統派スタイルと言われる中高年齢層に好まれるブリティッシュモデル、スタイルが良く見えるので若者向けのイタリアンクラシコモデル、アメリカントラッドモデル、アッパーモデルなどがあります。

生地や素材を選ぶ

スタイルが決まると、スーツの生地を選びます。生地は繊維の種類や織り方や加工方法によって異なり、高級感を出すにはウール製を選び、動きやすいものにはストレッチ素材を選び、暑い夏には清涼感のある素材を選ぶ、といったビジネスのスタイルやシーンや季節に応じた生地や素材を選ぶことが大切です。
最近は、撥水加工をした素材を使った生地も出ていますので、外回りのビジネスマンには好まれます。

色や柄やディテールを選ぶ

ビジネスシーンにおける色や柄といえば、紺やグレーで光沢感を押さえたものが好まれます。色はシンプルなものにし、シャツやネクタイでバランスをとる方が周りからの印象もいいものになるでしょう。柄はストライプやチェックやヘリンボーンが妥当なものになるでしょう。
ディテールとしては、細身で長身の方用のシングルブレストあるいはがっちり目の体型に合うダブルブレストから選びます。ベントは、ノーベント、センターベント、サイドベントから選びます。

おすすめするスーツモデルのまとめ

おすすめするスーツモデルは、モデルによるスタイル決め、生地や素材の選択、色や柄やディテールの選択、といった3つの要素から決めることによって、トータルバランスが取れ、着ている本人および周りの人の印象もよく着心地も良いものを選ぶことができます。