スーツの寿命はどれくらい?延ばす方法はある?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツの寿命はどれくらい?延ばす方法はある?

スーツの寿命はどれくらい?延ばす方法はある?

社会人にとって大切なスーツは、長年使用していると、テカったり、シワになってしまうことがあります。そんなスーツの寿命は何年が限度なのでしょうか。今回は、スーツの寿命や寿命を延ばす方法について紹介していくので、参考にしてみてください。

スーツの寿命はどれくらい?

一般的にスーツの寿命は、夏物で3年、冬物で4年と考えられています。ただ平均的な寿命であるため、スーツの扱いにはよっては寿命を延ばすことも可能です。

手入れを怠らずに、大切に利用していけば、5年以上は長持ちさせることもできます。そのため、大切に保管することで、お気に入りのスーツの寿命を延ばすことが可能です。

反対に、雑に扱っていたり、保管方法を検討していないと、寿命が短くなってしまい、傷みが早くなる傾向にあります。

高価なウール素材が使用されているスーツであれば、繊維が細いほど価値があり、高価で取引されているのが特徴です。ただ繊維が細いほど、デリケートになることから、しっかり手入れすることが寿命を延ばすきっかけになります。

せっかく高いウール素材のスーツを購入するのであれば、寿命を延ばす方法を実践していき、出来るだけ長く使用していくようにしましょう。

スーツの寿命を縮める行為とは?

スーツを長く使用するためには、寿命を延ばす方法を実践する前に、スーツの寿命を縮める行為を行っていないか、把握しておくことが大切です。

ウールの場合は、ハンガーにかけておくことで、シワが自然に伸びていく復元力があります。そのため、長期的に使用することを考えるのであれば、一度着た後は休ませることが大切です。

しかし、毎日同じスーツを着用していると、スーツの回復力が間に合わず、シワや型崩れの原因になってしまいます。寿命を縮めないためにも、1日着たスーツは、2日以上は休ませてから着るようにしましょう。

また着たスーツを脱いだ時は、手入れを怠ってはいけません。特にハンガーにかけず、そのまま放置しておくと、寿命を縮めてしまうので、しっかり保管方法を検討しておきましょう。

他にも、自転車通勤の方はお尻の辺りが擦れてしまい、テカりの原因になってしまうこともあるため、スーツの寿命を縮めてしまう恐れがあります。

クリーニングを頻繁に利用するのもおすすめできません。繊維の油分が失われてしまい、ハリがなくなり、生地の傷みを誘発させてしまう可能性があります。

スーツの寿命を縮めないためにも、スーツはいくつか用意しておき、ローテーションで着こなしていくことが大切です。

スーツの寿命を延ばす保管方法


気に入りのスーツがある場合、出来るだけ寿命を延ばしたいと考えている方も多いでしょう。スーツの寿命を延ばすためにも、まずはポケットの中身を出すことから意識してみてください。

ポケットの中に物が入っていると、型崩れの原因になってしまいます。またハンガーに毎回かけることも大切です。

ジャケットをかけるハンガーは、肉厚で肩のラインに合う、丸みのあるハンガーを選択するようにしましょう。スラックスの場合は、挟んで吊るすタイプのハンガーがおすすめです。

他にも、スーツを収納する場合は、ほこりを落とすことも意識してください。ほこりが残っていると、虫食いの原因になることがあります。

まとめ

スーツの寿命を延ばすためには、スーツをいくつか購入しておき、ローテーションで着こなすことが大切です。毎日、同じスーツを着ていると、消耗が激しいので、寿命が短くなる傾向にあります。

また保管方法としても、ハンガーはジャケットとスラックスで使い分けを行うことが大切です。収納する前には、ほこりを落としておくことも、虫食いの予防になるので、しっかり行っておきましょう。

保管方法を意識すれば、スーツの寿命を延ばすことができるので、しっかり行ってみてください。