フレッシャーズ向けのスーツ学!最初の夏を乗り越えるための方法

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > フレッシャーズ向けのスーツ学!最初の夏を乗り越えるための方法

フレッシャーズ向けのスーツ学!最初の夏を乗り越えるための方法

就職をしたばかりのフレッシャーズのなかにはリクルートスーツをそのまま着用している方も少なくありません。しかし、汗染みによる衛生面での問題があるとともに、多くの紫外線を浴びる最初の夏にスーツの寿命を縮めてしまいます。スーツの寿命を縮めないためには最初の夏を乗り越えるためのコツを知るべきです。社会人としてのたしなみであるフレッシャーズ向けスーツ学を覚えていきましょう。

スーツの寿命を縮めてしまう要因と対策

スーツの寿命を縮めずに最初の夏を乗り越えるためには清潔感を大切にすべきです。暑い時期のスーツの着こなしは特に注意が必要です。たくさんの汗をかくことによる汗染みや臭いにより、相手に不快感を与えてしまいます。知らず知らずのうちに相手に不快感を与えてしまっている方も少なくありません。スーツをキレイに保って清潔に着こなすためには汗染みや臭い対策をしていきましょう。

スーツをキレイなまま長持ちさせるためには少なくとも1日着たら1日は休ませるのが望ましいです。汗をかいたスーツを乾かさないと臭いやカビの原因になります。さらに、芯材や生地を傷めることにもなりかねません。さらに、薄くて軽い生地のスーツを選択することも大切です。通気性や吸湿性に優れていることが涼しく快適に過ごせる理由となります。最初の夏を乗り越えるためには3着はビジネススーツを用意しておいた方がよいでしょう。よく汗をかく夏の暑い時期を乗り越えるためには1着~2着では難しいです。

暑い季節に適したスーツの特徴について

暑い季節に適したスーツを選択するのは最初の夏を乗り越えるための方法のひとつです。大前提となるのは着心地の満足感を重視することです。試着をしたときの着心地のよさを考慮しての選択をしましょう。生地はコットンを選択するのが基本です。通気性、保湿性、吸質性に優れており、優しい肌触りも魅力的です。リネンも吸水性や発散性に優れており、涼しさを感じられる生地となります。サマーウールは通気性と清涼感に優れた生地で夏向きのウール生地です。汗をかいたときでもビシッとスーツを着こなしたい方に適しています。

どの生地を選択するかはスーツ選びで最も重要といっても過言ではありません。その季節に適した生地を選択することで、スーツの寿命を縮めずに最初の夏を乗り越えることができます。

より涼しくするための一工夫に要注目

暑い季節を乗り越えるためにはスーツをより涼しくするための一工夫を凝らすことも視野に入れた方がよいでしょう。肩パットが薄いものを選択すれば、肩回りに熱がこもるのをおさえることができます。スーツを脱いだときに脇が汗でびしょびしょになることも避けられます。袖を本切羽仕様すれば、手首周りが涼しくなります。

スーツの裏地が肩部分までしかない背抜き仕立てにすると通気性が高まって、より涼しく快適に過ごせるようになるでしょう。半裏仕立ても同様に裏地部分が少なく、軽量で通気性に優れています。アイロン仕立ては肩パットとスーツの裏地がまったくありません。風通しがよくなり、スーツ自体が非常に軽く感じます。こだわりのスーツにするには費用がかかるものの、長期的に考えるとスーツを台無しにせずに済むため、経済的といえます。

まとめ

スーツを傷めてしまう原因と対策を知り、いかに大切に着続けるかが最初の夏を乗り越えるためのポイントになります。暑い季節に適したスーツの種類を知り、さらに一工夫凝らすことも視野に入れた方がよいでしょう。フレッシャーズの場合はスーツを毎日の生活で着るようになって日が浅く、適切な対応ができていない場合も少なくありません。ちょっとした工夫によってよりスーツが長持ちし、相手に不快感を与えてしまうことも避けられます。