スーツとコートには相性がある!組み合わせが印象を変える

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツとコートには相性がある!組み合わせが印象を変える

スーツとコートには相性がある!組み合わせが印象を変える

スーツとコートは、組み合わせ一つで印象が大きく変わります。それは、色の合わせ方だけではなく、デザインやサイズ感といった部分も考慮して合わせる必要があります。
格好悪い着こなしになってしまわぬよう、ポイントをチェックしておきましょう。

試着して合わせる

あまりスーツに着慣れていない方ですと、コートと合うかどうかをイメージだけで合わせるのは難しいと思います。そのため、試着時は必ずお手持ちのスーツの上から試されるのがおすすめです。

その上で確認すべきポイントはまず色ではないでしょうか。どのようなタイプに対しても相性が良いコートの色としてはやはり黒です。その他にもネイビーやグレーあたりも組み合わせ自体で失敗するということはほとんどありません。また、少し明るめの色ではありますがベージュも様々なスーツに合わせられるのでおすすめです。

黒を持っていればまず失敗はありませんし、あらゆるシチュエーションにおいて無難に活用できますが、ネイビーやグレーなどその他のベーシックなカラーも持っておくと、組み合わせで楽しめるでしょう。

組み合わせとデザイン

色さえ間違っていなければ、コートであれば何でも合わせられるという事はありません。ビジネスシーンで使用する場合には特に、デザインも考慮して用意する必要があります。

コートといっても種類は様々ですが、スーツとの組み合わせを考えるとすると、「ステンカラー」「トレンチ」「チェスター」あたりがデザインとして相性が良いでしょう。初心者であればダーク系のカラーでチェスターですと簡単に着こなせられるのでおすすめです。

逆に、ダッフルのようなデザインですと、どちらかというとカジュアルな印象が強く、洋服に合わせるタイプなのでスーツとの組み合わせには向きません。ビジネスシーンで活用する場合には、カジュアルなデザインは避ける事をおすすめします。

サイズは正しく合わせる

サイズはしっかり合わせてみなければ分かりませんが、サイズが合っていないとせっかく良いアイテムだったとしても格好悪くなってしまいます。基本は肩幅がご自身に合う事を基準にして選ばれます。丈はスーツがはみ出てしまわないくらいの長さがよく、かといって長すぎるのもよくありませんので、膝上程度の丈の長さが良いです。袖の長さは、シャツの袖口がぴったり隠れる程度が綺麗でしょう。

これらのように、絶妙なサイズ感を見ながら選んでいかなければなりません。そのため、実際にコートを購入しに行く際、普段着のままいってしまうと、良い組み合わせのものを選ぶのが非常に難しくなってしまいます。色やデザインはともかく、サイズばかりは実際に合わせて着てみるしか分かりませんので注意しましょう。

まとめ

スーツとの組み合わせを意識してコートを買う時、注目すべきは大きく分けて「色」「デザイン」「サイズ」の三点です。逆に言えば、これら三点のポイントさえ守っていれば、大きく失敗する事はないという事にもなります。そのためには私服で買いに行くのではなく、しっかりご自身のものと合わせられるよう準備される事は必要になります。

ビジネスシーンにおいて、相手の着こなしというのは意外と目に入る部分です。センスや清潔感などを見られる事があるでしょうし、何より着こなしは第一印象に関わってくる大切な部分です。誰にも見られていないとは思わず、しっかりと組み合わせを考えるようにしましょう。